K. Matsui

 カザフスタン

アラル海地域で研究中。当地自DSCF4349生の耐乾燥性と耐塩性を備えた灌木の黒サクサウールに着目し、土壌学と社会学の視点から当地の環境保全と住民生活の両立を目指しています。

現地の村で生活をしながら、土壌採取やアンケート調査を行っています。カザフ語の習得も目標の一つです。

(HP管理人)

 

広告