第13回サロン開催告知

日時:2018年1月13日(土)14時~

場所:市民環境研究所(京都市左京区田中里の前町21 石川ビル305) map

テーマ:『ザラフシャン川流域の遺跡 ーサマルカンドオアシスの遺跡を中心にーベグマトフ・アリシェルさん(京都大学文学研究科 博士後期課程)

概要
かつてシルクロード上で商人として活躍したソグド人の本拠地は現 代のウズベキスタンとタジキスタンの一部に当たるソグディアナで ある。 そのソグディアナの中核をなすザラフシャン川流域には数多くの遺 跡が点在しており、これまで約百年にわたって踏査・ 発掘調査が行われてきた。こうした調査の積み重ねにより、 多くの主要遺跡の性格、年代層、歴史的背景や、 出土遺物などに関する一通りの情報は得られているが、 その一方でほとんど手付かずに残されている遺跡も数多く存在する 。
近年サマルカンドオアシスにおいて知られていない遺跡がいくつか 組織的に発掘され、新しい成果が得られた。 これらの成果などを中心に発表を行う。

******
 興味をお持ちの知り合いがおられましたら拡散よろしくお願いいたします!

お問い合わせはメール(saloncetralasia@gmail.com)、または市民環境研究所(075-711-4832)までお願いいたします。管理人)

広告