第4回サロン

 

 

日時:10月16日(日曜日)

テーマ:

『中央アジア・アラル海流域における水文・気象データの長期解析』
甲山 治 先生(京都大学 東南アジア研究所)

『シルクロード交易のインフラとしての駅伝制:モンゴル帝国後の中央アジアを中心に』
早川 尚志 さん(京都大学文学研究科)

img_2906

第4回は上の2つのテーマでそれぞれ甲山先生、早川さんに発表していただきました。甲山先生からはアラル海流域の水域管理の状況や気象観測、植生、地下水位など、長期・広範にわたる貴重な観測データやその解析成果の紹介をいただきました。早川さんからは、シルクロード交易において非常に重要であった駅伝制というシステムで人やモノがどのように移動していたのか、またその後の衰退の状況について史実や貴重な史料をもとに紹介いただきました。

 

大変貴重で興味深いお話をいただき、当日来られた皆さんも活発に意見を交わされていました。皆様ありがとうございました。

K. matsui

広告